口コミで人気のプエラリアはバストアップに最適|含有量で選ぶこと

自律神経を整えるホルモン

シニア

大事な働き

現在注目をされているセロトニンは自律神経を整える働きをする神経伝達物質です。不足することで精神不安定となり、それが長期化すると自律神経失調症や統合失調症、うつ病などの精神疾患をを招くことになります。セロトニンの分泌を促す方法はたくさんあります。その一つに「よく噛んで食べる」というものがあります。なぜ噛むことでセロトニンが分泌されるのでしょうか。良く噛むことは、顔の様々な筋肉を使います。筋肉を動かすのは脳ですから、良く噛むことは脳を刺激することになるのです。また噛むことで消化吸収が促され、胃腸への負担も減ります。セロトニンは、9割が腸で作られ、残りは脳と血小板で作られます。噛む行為がセロトニン分泌に深く関係しているのは、そのような理由からなのです。

必要な栄養素

セロトニン生成には、必要な栄養素があります。トリプトファンとビタミンB6です。それらはサプリメントから摂取することも可能ですが、サプリメントの場合は噛む必要がありません。食品から摂取することで良く噛むことが出来るため、セロトニン生成の効率を考えれば、食品から摂取するのが好ましいと言えるでしょう。トリプトファンはヨーグルト、チーズ、牛乳などの乳製品、納豆、醤油、豆腐、などの大豆食品に多く含まれています。一般家庭でもよく食卓に並ぶ食材に含まれているので摂取が容易です。また、カツオ、マグロなどの魚類、ナッツ類、バナナ、白米、蕎麦、卵といった食品にも多く含まれているので献立を工夫して食事をするとセロトニンを充分に補うことができるでしょう。しかし、毎日の献立を考えることが難しい場合は、気軽に摂取出来るサプリメントがやはりオススメです。